​塩トマト

 

トマトの量に合わせて、塩水の量と容器を調整してください。

【主に使う道具】

保存瓶

大きめの鍋

布巾

トング

耐熱手袋 

材料】

完熟トマト

塩水(海水とほぼ同じ塩分濃度の水)※目安は1リットルの水に対して30gの塩)

​胡椒

【下準備】

▼塩水の塩をしっかり溶かしておく。

▼ボールに氷水を用意しておく。

【作り方】

 保存瓶の煮沸消毒をする。

1.保存瓶を洗剤でしっかり洗っておく。(水気は、ふき取らなくて良い。)

   大きめの鍋に保存瓶と蓋を入れ、かぶる位の水を入れる。

  90度以上で5分以上消毒し、余分な水分を取るため、布巾を敷き

  逆さに置いておく。

  (大きめの鍋がない場合、湯を煮立たせながら、トングで瓶の向きを替える。)

   ⚠︎トングを伝って熱湯がかかることもあるので、火傷には十分注意してください!

  

 トマトの湯むきをする。

ミニトマトの皮をむき易くするため、ヘタの部分を薄くカットして

  おく。(大きいトマトの場合、ヘタとは逆の部分に十字に浅く切れ目を入れておくとむき易い。)

   熱湯にトマトを5秒入れる。(大きめトマトの場合、10秒。)

  茹でたトマトはすぐに氷水にとり、皮をむく。

 瓶詰め

3.消毒済みの保存瓶に、トマトをなるべく隙間なく詰めていく。

  トマトを詰めたら、塩水を蓋のギリギリの所まで入れたら軽く蓋を

  閉める。

  大きめの鍋に瓶の半分ほど高さの熱湯を用意し、熱湯に瓶を入れ

  15分煮立たせ消毒する。蓋をしっかり閉め、さらに20分煮る。

  熱湯から出し、粗熱を取っり、冷蔵庫で3ヶ月間保存可能。

  

冷やした塩トマトに胡椒を挽いてそのままつるんと食べたり。

シンプルな塩トマトパスタにして食べたり。